萬華鏡blog

eryの日常、音楽、映画、時々ピアノの雑記帳 
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
LATEST ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
RECOMMEND
OTHERS

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | - | 

演奏会が終わってひよこを食べた。

■ 12月18日(土) 芸大演奏会@早稲田大学。
約80年の歴史を誇る早大のサークル・音楽同攻会と芸大の学友会が主催するこの演奏会に出演するのも今年で4度目。なにかと縁のある早稲田だけど、この演奏会の季節がまた来たんだなー、今年でもう4回目なんだなー、なんて感慨にふけってしまった。時の流れは早い早い。今年は会場を大隈講堂から学生会館に移して行われたんだけど、場所がわからず行ったり来たり。普段小さい大学の中で生活しているので学生が溢れんばかりのキャンパスは勝手がわからず…でもちょっと憧れてみたり。昨日はリサイタルのプログラムから2曲、予行練習も兼ねつつ弾かせていただいたんですが、さらわなきゃならんなーと反省しきりです。自分の演奏にコメントするのって難しいんですが。ホールのピアノの状態は良くて、定期的に弾いてあげたらもっといいバランスで鳴るんじゃないかな、とも思いました。普段は鍵がかかっているそうです。

…まあなにはともあれ、皆さんお疲れ様でした&ありがとうございました!

■ 手作り点心「ひよこ」

ぴよ?

で、演奏会終了後、音楽同攻会OBが点心を振舞ってくれました。中華料理修業中のF氏お手製の「ひよこ」がわんさか。かわいい。馬場のターミナルで点心を広げ(ひよこ以外にも大量にあった)、皆でわいわい言いながら立ち食いしちゃいました。外皮はパイ生地でさっくり、中はあんこ。めっちゃおいしかったです。ごちそうさま^^
- | - | trackbacks(1) | 

芸大演奏会と映像美術部展+友人の演奏会のお知らせ

自宅の地下が私立図書館とショッピングモールにつながっていて、ふかふかのソファーでいつでも本読み放題、小腹が空いたらデメルのチョコを買って食べたりするという夢のような夢をみました。おはようございます。
今週末に出演する演奏会と映像美術部展、それに友達の演奏会のご案内をいたします。
■ 芸大演奏会
日時:12月18日(土)14時開演 
会場:早稲田大学学生会館(高田馬場)
【入場無料】
早稲田大学で毎年行われている芸大生によるコンサートです。ソロをはじめ室内楽など、バラエティに富んでます。
私は16時50分頃に出演、シューベルトとラモーを演奏いたします。

 映像美術部展
日時:〜12月17日(金)まで 10時〜18時すぎ
会場:東京芸術大学学生会館2Fギャラリー(上野)
【入場無料】
今までに制作した立体アニメのセットや人形を一挙に展示。「制作実演」と称してチームで立体アニメーションを公開制作しています。21日からBSで放送されるデジスタ・アワード2004に出演も決まっている若手作家たちの作品が観られますよ!
東京芸術大学映像美術部公式サイト

 第34回 打楽器オーケストラ・コンサート
日時:12月19日(日)14時開演
会場:大阪音楽大学オペラハウス(庄内)

友達の衣里ちゃん(打楽器専攻)の出演する演奏会です。そう、私と同じ名前なんですよ。苗字もかなり似ている彼女はすてきな幼なじみです。
くわしくは衣里ちゃんのホームページへ→poco a poco

映像部のほうは私は何も展示していないんですが(汗)、来年こそは何かお見せできるものを作りたい…と思ってます。お近くの方はぜひお越しくださいませ☆
- | - | trackbacks(1) | 

またしてもリニューアル

つ、疲れた…

サイトを大幅に改造。建て替えました。
トップページ、なんかごちゃごちゃしてる…

ブログのみの読者様もぜひ本家を御覧くださいませ。っていうか見て。
- | - | trackbacks(0) | 

リコーオートハーフSE を購入。

自分へのクリスマスプレゼントです

リコーオートハーフSEを買った。

オートハーフというカメラの特徴はその名の通りハーフ判なので、24枚撮りのフィルムだと48枚撮れます。なのでファインダーは縦型になっています。
と、店員さんの説明を聞いてはじめてその存在を知った私。なんだ、それってすごくお得なのでは?

実はロモのLC-Aが気になっていて、取り扱っているパルコの雑貨店へ見に行ったんだけど、ロモの隣に飾られてたのがこれだったのだ。中古だけど内部は整備されていて、写りも良くいい色が出てた。(サンプル写真を見せてもらった)ロモより少し安くて、デザイン的にも好みだったため即、取り置きしてもらうように頼み、昨日受け取りに行ってきた。ついこの間までリコーのGRが欲しいとか言ってたんだけど、高くてね…こいつにめぐり合えてよかった。70年代のデッドストックで今もけっこう人気があるらしい。お店には同じハーフサイズのオリンパスペンもあって触らせてもらったけどこっちのほうがしっくり手になじんだので、きっとこの子は私を待っててくれていたのだと思う。表面に少しキズはあるけどノープログレム!じゃんじゃん撮ろう。マイファーストコンパクトカメラ、万歳!!

ちなみにロモはよく雑誌やなんかで取り上げられたりしているロシア製のトイカメラ(と言っても作りはしっかりしてる)。メジャーすぎ?な感じが気に入らなかった唯一の点かもしれない。あまのじゃくな私。
- | - | trackbacks(2) | 

で、肝心のレーガーは・・・

では自分の反省会に入りたいと思います。
卒業をかけた今回の試験には以下を選曲。
12/7 公開演奏会@奏楽堂
レーガー:J.S.バッハの主題による変奏曲とフーガ 

12/10 レパートリー試験@第1ホール
ハイドン:ピアノ・ソナタ Hob.48-16 ハ長調
ラモー:新クラヴサン曲集より ガヴォットと6つの変奏
リスト:ソナタ風幻想曲「ダンテを読んで」

レーガーを1ヶ月という期間で仕上げなければならないという事態へ自らを追い込んでしまった私。間に合わない!ともがき苦しみつつも最悪の事態は免れ、最大の関門だった10分近い長大なフーガも最後まで集中して弾き通すことができました。「フーガ」は○産の車のことじゃないですよ。簡単に言えば輪唱(カノン)みたいなもので、それに違うメロディなんかも割り込んでくる、ややこしい形式です。「カエルの歌」の輪唱を思い出してください。あれは皆で順番にズレながら歌い続けますが、その上に「メダカの学校」を歌う人が混じってくるようなものがフーガです。(違う?)…とにかくその何人分もの声をピアニストはふたつの手だけで表現せねばならんのです。大変なんです、これが。今回は準備期間が短かったのと、演奏時間が長い(計34分)のとで覚えられるかがまず心配でした。過去に本番で暗譜が飛んでワープするという苦い経験をしているので余計に。しかし、そのトラウマも今回で払拭できた気がします。もう、どんなフーガが来ても怖くないぜ!と変な自信がついちゃいましたよ。あまり知られていない曲なので反応が気になったんですが意外に好評だったようで、「すばらしかった」という夢のような言葉を憧れのピアニストの方からいただいてとても嬉しかったです。「アニー・フィッシャーとかクララ・ハスキルみたい」とか言ってくれる後輩もいたり。おだてられると木に登りますよ。で、いい気になって後で録音を聴いたら耳を塞ぎたくなるような箇所がいっぱい。。課題は山積みです。来月のリサイタルに向けてもう一度やり直したいと思います。

一方、レパートリー試験の方はほころびを出しつつ終わりました。うーん、集中力を持続させるのって難しい。燃え尽きました。ちなみに結膜炎が再発しそうな予感がすると言っていたのが見事的中し、いま右目がオカシイです。楽譜を長時間見るのは視力低下その他に一役買っている気がします。目薬目薬…
- | - | trackbacks(0) | 
<< | 2/18P | >>